どうすればちゃんと使える?フレグランスの正しいつけ方と取り扱い方はこれ!

電車や街中で人とすれ違うと、香水の香りがする時、ありますよね。

 

でも残念ながら、全てがいい匂いとは限りません

 

「この人、香水つけすぎだろ!!」

と、思わずツッコミなくなったりとかよくあります。

 

そこで今回は、そうならないために、香水(フレグランス)の正しい取り扱い方とつけ方について紹介していきます!

良いフレグランスとはなにか?

まず、「どんなフレグランスを選べばいいのか」、考えてみましょう。

 

良いフレグランスには3つの要素があります。

 

それは香りが、

 

強すぎず」

「ほのかに香り」

「親しみやすい」

 

ということ。

 

一例をあげると、以下のフレグランスは、それらをすべて満たしています。

 

以下の記事でオススメのフレグランスの紹介をしていますので、ご覧になってみてください!

 

関連記事香水初心者にオススメ!安くても買える人気メンズ・フレグランス5選!

フレグランスのつけ方

良いフレグランスの要素が分かったら、次は「香水の正しいつけ方」です。

 

まず絶対守らなくてはならないのは、絶対つけすぎないこと!

 

「え?つければつけるほどいい匂いがするんでしょ?」

と考える人が多いのですが、残念ながら間違った考えです。

 

匂いとは、自分では分からなくても、他者からすると思った以上に強烈に感じていまうものです。

 

つまり、自分より他者の方が匂いに敏感。

 

なので、大量にフレグランスをふりかけると、大変なことになります。

 

一言でいうと公害=香害というものが発生してしまいます。

 

「スメルハラスメント」という言葉も出てきていますしね。

 

先にも書いたように、フレグランスはほのかに香るぐらいが丁度いいのです。

 

この事を知っていれば相手を不快にさせずに済みます。

 

「じゃあ、どんなふうにつけたらいいの?」っていうことになりますよね。

フレグランスはどこにつければ良い?

では香水は、身体のどのあたりにつければ良いのでしょう?

 

それは「手首」!

 

甲ではなくのほうです。

 

片方にそれぞれ1〜2プッシュ程度で構いません。

 

「これだけで効果あるの?」

と、不安になる方もいるかもしれませんが大丈夫です。

 

何度も言いますが、フレグランスはほのかに香るぐらいがベスト!

 

手首につけたら、そのままこめかみあたりを少し叩くように馴染ませます

 

こうすることによって、上から下に匂いが広がっていきます。

 

よくドラマの1シーンで首にフレグランスをふりかけることがあるのですが、あれ実は間違いなんです。

 

首筋は汗が出やすい部位で、その成分と香水が混ざると、匂いが変わってしまうのです。

 

そして最後の仕上げとして、「下腹部」と「足首」につけます。

 

ここにつける際も、1〜2プッシュ程度で構いません。

 

そうすることにより、下から上にも匂いが広がるようになります。

 

それで真ん中あたりでほのかに香る具合で、完璧です。

 

これでなにもいうことありません。

 

フレグランスは、この3つのステップを踏まえるだけで劇的に変わります!

フレグランスの保存方法はどうすれば良い?

最後に、フレグランスの保存の仕方について。

 

まず、直射日光が当たる場所には絶対に置かないでください。

 

熱が加わることによって、中身の成分に大きな影響を与えます。

 

これは食品と扱うイメージと同じと考えてください。

 

また、出来るだけ酸素に触れないよう注意!

 

酸素に触れると、香水の劣化を早まらせてしまいます。

 

なので、フレグランスを使用しない際は、キャップを締めるのを怠らないようにしてください。

 

些細なことですが、この情報を知っていると知らないでは、天と地ほどの差があります!

 


 

是非とも本記事を参考にして、楽しいフレグランス・ライフを送って下さい!

 

以上「コレをしたら嫌われるかも!?やってはいけないフレグランスの取り扱い方」について取り上げました。

関連記事

使ってみてよかった!オススメのメンズ・ヘアワックス5選とそのメリット&デメリット!

あなたはどっち派?長財布と二つ折り財布のメリットとデメリット

新大学生・専門学生必見!最低限押さえておきたいオススメのメンズファッションアイテムとコーデ

カッコいいのにカジュアル!ドクターマーチンの人気種類とメンズ・レディースコーデ

2~3万円で買える人気ポストマンシューズ5選!その価格帯と履き心地とは?