入試本番前の心構え

ついに受験シーズン真っ只中に突入してしましました。

多くの公立中高一貫校では、志願者数や競争率(倍率)などが公表されいます。
神奈川県・埼玉県・千葉県の倍率を見ると、5倍〜8倍の学校が多いですね。
例外はやはり千葉県立東葛飾中学校で、なんと14倍
2008年に県立千葉中学校が開校した時の倍率は20倍超えという異常値だったので、それと比べれば落ち着いているように見えますが、それでも桁が違いすぎます。

東京都はまだ締め切っていないのでどうなるか分かりませんが、例年通り、もしくはやや落ち着くかで、極端な倍率にはならないと思います。
詳しくはこちらの記事に書いていますので、ご覧ください↓
2016年中学入試、受験者数と倍率はどうなる?

ただ倍率が落ち着くというのは、その学校の出題傾向が固まって来たという事を意味します。
東京都の場合は11校もあるので、各学校の特色があり、それが如実に問題へと反映されています。
各学校で独自問題を作成しているのがそれを象徴していますね。

さて、明日1月16日は多くの試験が実施されます。
東京圏では、さいたま市立浦和中学校などの第2次選抜実施日です。
関西では私立灘中学校など有名所もありますね。
そして、これは大学受験ですが、センター試験も実施されます。

そこで、試験当日になって混乱しないよう、前日までの心構えというか、準備について書いておきます。

スポンサードリンク

            

試験会場までの道のりはしっかりと


学校説明会などで下見はされていると思いますが、試験当日は意外とあわてるものです。

電車を使う場合、まずは運行状況を確認しましょう。
天候や人身事故で遅延や運転見合わせになる可能性は否めません。
それで交通路を変更しないといけない場合があるので、落ち着いて対処したいものです。

スマートフォンのアプリには、電車やバスの運行状況を確認できるアプリを入れておいた方が良いです。
私はYahoo!の乗換案内というアプリを入れてます。
そしてGoogle Mapもマストアイテムです。
道に迷った時も、これさえあれば何とかなります。
試験会場までの道を登録しておくと良いでしょう。

予期せぬ状況を想定して、早くに家を出るのも言うまでもないことですね。
試験開始1時間前には会場入りしておきたい所です。

カツ丼はNG!前日には消化の良いものを


試験に「勝つ」というゲン担ぎから、カツ丼を食べる習慣がありますが、これは避けた方が良いです。
あんなに油っぽいものを食べてしまっては、胃もたれしてしまいます。
また、刺し身なども避けた方が良いでしょう。
冬とはいえ、生ものです。
それとカレーなど刺激が強いものも避けた方が無難かと思います。

また飲み物にも注意したいところです。
ビリギャル』というベストセラーになった大学受験記がありました。
その中で主人公は、試験前に缶コーヒーを飲んで、お腹を下してしまいます。
信じられない話ですが、乳製品は本当にお腹を下しやすいので、絶対に避けるべき飲み物です。
温かいお茶がベターでしょう。

以上のように、試験前には風邪を引いた時と同じく、消化が良くて栄養豊富なものを食べさせてあげた方が良いです。
そして試験が終わったあとの昼食にでも、カツ丼でも回転寿司でも好きなものを食べさせてはいかがでしょう。



心配しすぎかと思われる所もあるかもしれませんが、念を入れすぎて損をすることはありません。
現在進行形で入試に挑んているご家庭が増えているでしょうが、一緒に乗り越えてゆきましょう!

関連記事
謹賀新年。そして、入試本番まであと少し…
関連記事

スポンサードリンク


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
            

tag : 中学受験 公立中高一貫校

2016-01-15 22:12 : 中学受験の疑問 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

ブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ

にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ

プロフィール

masa

Author:masa
息子と共に私自身も勉強して行きます!

Subscribe with Live Dwango Reader

検索フォーム

カウンター