10年後に働く子供たちは、どんな仕事に就く?

「日本はいま、明治開国以来の教育転換期に来ている」と、よく口にされますし、皆さんも毎日のように耳にされているでしょう。
学校紹介などで「グローバル」「英語重視」「リーダー育成」といった言葉を目にしないことはありません。

私としてはそのゴリ押し感にやや辟易としていて疑問を抱きがちなのですが、現状と将来について考えると、ある程度認めざるを得ません。

近年、「今後10年〜20年後に消える職業ランキング」なるものが発表されており、特に2013年にオックスフォード大学が発表した論文は注目を集めています。

これらを参考に、「10年後に働く今の子供たちはどんな仕事をするか」を考えてみたいと思います。

スポンサードリンク

            

これから消える職業・仕事とは?


無くなる可能性が高い仕事は、主に機械化・コンピュータ化・インターネットの普及に取って代わられるものです。
例えば以下のようなもの。
  • レジ係など小売店販売
  • 事務・秘書
  • 会計士
  • 運送業・配達業
  • セールスマン
  • タクシー・電車などの運転手
  • 組立て工・機械工
  • 測量技術者
  • スポーツの審判員
  • 教師
  • 公務員
etc…

ざっと記しましたが、色んな業種がありますね。
たとえばレジの機械化は、イオンなど大規模スーパーではすでに導入されていますし、事務や秘書などはコンピュータ管理で大幅に減っているのは身近なことかと思います。

意外なのは、会計士教師公務員といった職業でしょうか。
日本においては3大国家資格とされる会計士ですら、消える可能性が高いのです。
なぜなら、高度な人工知能を用いた機械が生まれるのは確実で、複雑な処理をそれが代わってやってくれるから。

同じ理由で、教師や公務員などもそれに取って代わられる可能性が高いとされます。
少子化の日本において教師は、消えてゆく、というより狭き門となる職業でしょうが、いずれにせよ、従来とは違った仕事が求められます。
「教える」というより、「生徒をサポートする」コーチ・インストラクター的役割になるでしょう。

高性能な人型ロボットが量産されたら…?


このような試算を見て、多くの人が「そんなことありえない」と思うでしょう。
しかし、時代によって職業は変わります。
たとえば、100年前にプログラマーという職業はありませんでしたし、誰も想像だにしませんでした。
100年前とは言わずとも、10年前にスマートフォンがここまで普及するとは、一握りの人々を除いて、考えてもみなかったことです。

消える職業がある一方で、新たな仕事が産まれます。
なので、未来には今の私たちが想像もつかない職業が生まれるのは必然なのです。
そんな新たな仕事を大量に作る第一世代が、私たちの子供たちからでしょう。

極端な話、高性能な人型ロボットが量産できる時代になれば、今ある90%以上の仕事が消えます。
家事すらやらなくても良いかもしれません。
これは10〜20年後とは言わずとも、そう遠くない未来で実現するはずです。
その時、私たち人間は何が出来るか?

理系に進むことのメリット


大学から文系を削減する」という文科省からの提案が話題を呼んでいます。
それを見通してか分かりませんが、中学受験においても理系重視な問題が増え、英語とならんで理数系教育に力を入れている学校が増えています。

上記の消えゆく職業を念頭にしたら、理系を学びその道に進むことは、色んな面で可能性が広くなると思います。
それこそ、ロボット開発はまだまだ発展途上だし、最先端医療、原子力放射能研究、地震学、果ては宇宙開発など、未開拓な領域が沢山あります。

また理系は文系と比べて専門性が高いので、頭が柔らかい時期に学んでおかないと後々ついてゆくのが困難です。

ただ向き不向きが強いので、そこは子供の判断に託すべきですね。

SFのススメ


私の息子は最近、「法曹関係に進みたい」とよく口にしています。
友達に影響されて言っているふしがありますが、将来の目標を今から口にしているのは嬉しいことですし、応援したいと思っています。

ただ、先にも書いたように、法曹関係も、実はコンピュータに奪われやすい職業のひとつだったりします。
一生懸命勉強し司法試験に合格しても、職が無くなる時期が、20〜40年後に来る可能性が高いのです。

そこで「今後どのような法曹関係の仕事が生まれるか」をよく話し合っています。
その時、発想や思考するうえで参考になるのが、SFです。
小説でも映画でも漫画でもなんでも良いのですが、SFは想像力を最も使った創作物で、読む方にもその力を鍛えさせてくれます。
たとえば、ドラえもんの道具がいかに科学者・技術者たちのインスピレーションを与えているか、計り知れません。

SFに触れるのは想像力を膨らませ、考える力を身に付けてくれます。
なので、理系教育を先に押し付けるよりも、まずはSFというフィクションに触れることが大切だと思います。
国語の勉強にもなって一石二鳥です。
それに一緒に未来を予想するのは楽しいですよ。
関連記事

スポンサードリンク


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
            

tag : 職業 理系

2015-09-18 16:20 : その他 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

ブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ

にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ

プロフィール

masa

Author:masa
息子と共に私自身も勉強して行きます!

Subscribe with Live Dwango Reader

検索フォーム

カウンター