歴史教科書、あの学校はどこのを使用している?

千葉県立千葉中学校と、来年開校予定の同県立東葛飾中の2校が、平成28年度の歴史と公民分野で育鵬社の教科書を採択したそうで、話題を呼んでいます。

歴史教科書問題については長年議論されていますが、安保法案等でさらに加速しそうです。

学校でどのような教科書が使われているか、大半の親御さんが知らないこと(気にしないこと)かと思います。
私も全くの無知でした。

そこで、東京都の公立中高一貫校や有名校で使われている歴史・公民教科書を調べてみましたので、参考までにご覧ください。
(念のため申し上げておきますと、このブログは私の政治観を記す場ではありません)

スポンサードリンク

            

九段を除く東京都公立中高一貫10校は育鵬社を使用


東京都教育委員会のサイトを参考・出典にしました。
平成27年度使用都立中学校及び都立中等教育学校(前期課程)用教科書採択について

すると、白鴎高校附属中学校・小石川中等教育学校・両国高校附属中学校・桜修館中等教育学校・立川国際中等教育学校・武蔵高校附属中学校・富士高校附属中学校・大泉高校附属中学校・南多摩中等教育学校・三鷹中等教育学校の10校の都立中高一貫校では、歴史・公民分野に育鵬社の教科書を採択しています。

対して、区立九段中等教育のみ、歴史・公民ともに東京書籍の教科書を使用しています。
千代田区ホームページ-教科書採択

これは、東京都立である10校と、千代田区立である九段という、学校運営者による違いから生じます。
都立と区立、資金面だけでなくこういった細かい所まで違うのですね。
意外な発見でした。

また採択する教科書の違いは各地区によっても見られ、たとえば小石川がある文京区の区立中学校では歴史は帝国書院公民は東京書籍を採択しており、大泉がある練馬区の区立中学校では歴史は教育出版公民は東京書籍のを使っています。
出典:文京区立中学校使用教科書一覧及び中学校使用教科書採択結果
  練馬区公式ホームページ-区立小・中学校で使用する教科書について

採択している教科書一覧は、お住まいの自治体ホームページに記載されていると思うので、一度目を通されてみてはいかがでしょうか。

有名校はどこの教科書を使っている?


他の有名中学校では、どこの歴史・公民教科書を採択しているのかも調べてみました(平成25年度〜27年年度)。
出典元は、東京教科書供給です。
東京教科書供給
  • 筑波大学附属中学   歴史・帝国書院 公民・清水書院
  • 筑波大学附属駒場中学 歴史・清水書院 公民・日本文教出版
  • 開成中学       歴史・東京書籍 公民・清水書院
  • 麻布中学       歴史・清水書院 公民・清水書院
  • 桜蔭中        歴史・東京書籍 公民・東京書籍
  • 雙葉中学       歴史・東京書籍 公民・日本文教出版
  • 女子学院中      歴史・教育出版 公民・清水書院
…といった感じです。

東京書籍と清水書院が目立ちますね。
筑附と筑駒は同じ大学の附属校でも異なっているのが興味深いです。

他にも武蔵・海城・渋谷教育学園などの使用教科書も調べてみましたが、ソース元が不明瞭なので記載するのは避けました。
公立校のように、学校側から公式に発表してもらいたい所です。
もっとも私立の場合は、学校作成の独自プリントで授業を進める所がほとんどらしいので、あまり意識していないのでしょうか。

育鵬社、なぜ議論の的?


育鵬社の教科書について話を戻します。

東京都立中高一貫校以外では、神奈川県の横浜市立南高等学校附属中学校で、育鵬社の歴史・公民教科書が採択されているようです。
また神奈川県立平塚中等教育学校では歴史のみ育鵬社の教科書が使われています(公民に日本文教出版)。
神奈川県ホームページ-教科書採択について

なので、千葉県立千葉中と東葛飾中もこれらの流れに合わせたと考えられます。
ちなみに県立千葉中では今年度(平成27年度)まで歴史・公民ともに帝国書院の教科書を使用しています。
千葉県教育委員会-平成27年度使用教科書について

関東圏だけでなく、他の都道府県公立中高一貫校でも育鵬社の教科書が採択されている傾向にあるようです。
そんな公立中高一貫校が、揃いも揃って育鵬社の歴史・公民教科書を使っていることに対する反対意見はかなり多いです。
公立中高一貫校だけでなく、普通の中学校でも育鵬社の教科書が採択されたことで、問題になることも多々ありますね。
最も有名なのは沖縄県の八重山教科書問題でしょうか。

私がざっと調べて見た限り、「史実性の乏しい記述や、恣意的記述が目立つ」という指摘が多いようです。
具体的には日本神話に記されている太古の時代についてや、第2次世界大戦中の日本の立場や、日本国憲法の成立過程などなど…。
こういった問題は、いまだ総意が出ていないので、反論が出るのはある程度仕方ないと思います。
完璧な歴史教科書」なんてものは存在せず、どんな教科書を使用しても、何かしら異論が出るでしょう。

ちなみに、都立中高一貫校は歴史・公民教科書だけではなく、他の教科も全て同じ教科書を採択しています。
これにはやや疑問です。
筑附と筑駒は同じ国立でも違うのに、なぜ都立中高一貫校は揃いも揃って同じなのか。
都からの縛りが強く、学校の独自性はあまり尊重されていないのでしょうか。

自分の目で確かめる-教科書を入手するには?


最後に、第三者によるネットの情報(このブログも含みます)だけを鵜呑みにせず、実際に手にとって読んでみて、自分の目で確かめて考えるのが大切だと思います。
それは正しく、適性検査で求められる「自分の頭で考え、自分の意見を持つこと」です。

検定教科書は、全国教科書供給協会による各販売店で入手することができます。
他にも三省堂神保町店など、大きな書店で販売されていることもあります。
Amazon等でも販売してくれるとありがたいのですがね。
関連記事

スポンサードリンク


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
            

tag : 公立中高一貫校 教科書 歴史 公民 育鵬社

2015-08-28 16:17 : 学校情報 : コメント : 4 :
コメントの投稿
非公開コメント

なぜ
なぜ、
>ただ私としては、学校側から「数ある教科書の中から、なぜ育鵬社の教科書を採択したのか」をきちんと説明する責任があると思います

となるのですか?
だったらほかの教科書を選んでも同じ説明が必要では?
ロジカルでない、最初に嘘を書いている、残念です。
2015-08-28 21:57 : 通りすがり URL : 編集
Re: なぜ
>通りすがりさん
コメントありがとうございます。
私の言葉足らずで、誤解を与えてしまいました。
ご指摘して頂いたお陰で矛盾に気付き、書き直しをすることが出来ました。感謝です。
おっしゃるように、歴史教科書についての採択理由を説明するならば、他の教科もそうするべきですね。
都立公立中高一貫校で採択されている教科書を改めて確認すると、歴史・公民教科書だけではなく、他の教科も全て同じ出版社のを使用しています。
私が疑問に思ったのは、「育鵬社のを使用している云々」よりも「なぜ同じ教科書を横並びで使用せねばならないのか?」という点です。
同じ都立といえど学校の独自性等は無いのだろうか、と違和感を抱いたのです。
これは冒頭で断った「政治観」を書いたのではなく、「学校観」に焦点を当てていますので、どうぞご理解ください。
2015-08-28 22:33 : masa URL : 編集
今年は教科書選定の年でしたので大田区ではたくさんの区民が教科書を閲覧し、アンケートを書きました。
なぜなら今まで大田区では育鵬社の教科書が採用されていたからです。
区民のたくさんの意見で次は東京書籍が採用となりました。
我が子や未来を支える地域の子どもたちの公の教育に関心を持つことは大切です。世の中を作るのは私学の難関校出身者だけじゃないですから。アンケートを書きに高齢の方がたくさんみえていたのが印象的でした。育鵬社の教科書…阿部総理の写真がたくさん掲載されていますよ。普通、今の総理の写真は載りませんよねぇ〜。
こうしてブログに書いてくださるとたくさんの人の目にとまるので記事にしてくださってありがとうございます。
ちなみに鎌倉幕府はいまだに1192で掲載されていますよ。
2015-08-29 11:15 : 大田区民です URL : 編集
Re: タイトルなし
>大田区民ですさん
コメントありがとうございます。
大田区の教科書採択については報道等で見聞きしていましたが、区民の方の関心はやはり強かったのですね。
その結果、区民の意見が反映された形でまとまったのは好例だと思います。
「世の中を作るのは難関校出身者だけではない」、全くもって賛同します。
ちなみに私がこの記事で書いたのは、育鵬社の教科書使用の是非を問う事ではなく、「学校の独自性・選択権」や「周囲の意見に流されるのではなく、自分で見聞きし判断する」ことを主旨としています。
教科書採択の際は、歴史教科書に限らず「どのような教科書が使われているのか」保護者の視線をもっと重視すべきで、そのためには、私たちもしっかり勉強しないといけないなと思った次第です。
2015-08-29 13:32 : masa URL : 編集
« next  ホーム  prev »

ブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ

にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ

プロフィール

masa

Author:masa
息子と共に私自身も勉強して行きます!

Subscribe with Live Dwango Reader

検索フォーム

カウンター