子供に通わせたい学校ベスト1位はどこだ?

『週刊ダイヤモンド』の恒例企画である「息子・娘を入れたい学校2015」特集を読みました。
お馴染みというか、これからの教育や、近年人気の学校について紹介されています。

週刊ダイヤモンド 2015年 8/22 号 [雑誌]

ダイヤモンド社 (2015-08-17)


そんな中、「子供に通わせたい学校」なるランキングがありました。
アンケート回答者は、「平均年収が1016万円の2168名のビジネスパーソン」…。

そこでトップになった学校とは一体どこなのか?

スポンサードリンク

            

開成、麻布を抑えてトップとなった慶應義塾


トップ5だけ紹介してみましょう。
  • 1位 慶應義塾 128票
  • 2位 開成   59票
  • 3位 麻布   38票
  • 4位 筑駒   29票
  • 5位 灘    27票
圧倒的差で、慶應義塾がトップです。
高収入のビジネスパーソンともなれば、慶應出身者と付き合う機会が多く、そのコネクションの強さを目の当たりにしているからでしょう。

では、その繋がりの強さはどこから来るのか?

日本一の小中高大一貫校・慶應義塾


ご存知の通り、慶應義塾は小中高大とエスカレーター式の学校です。
数ある小中高大一貫校の中でもその歴史と人材輩出ゆえ、圧倒的な知名度を誇っています。

まず小学校が、慶応幼稚舎横浜初等部の2つあります。前者は名前から幼稚園だと誤解されがちですが、れっきとした小学校です。
中学は普通部(男子校)中等部(共学)湘南藤沢中等部(共学)の3つ。
高校は慶應高等(男子校)慶應女子(女子校)慶應志木校(男子校)湘南藤沢高等部(共学)、そして海を超え慶應義塾ニューヨーク学院(共学)と5つもあります。

これら高校から、例年1300〜1500名ほど、慶應義塾大学に内部進学するとされています。
慶應大学の入学者数が大体6600人ほどなので、相当の割合を占めることになります。

コネクションの方に話を戻すと、「慶應など大学までエスカレーター式の学校は、早く在籍していればしているほど、連帯意識が強くなる」とよく耳にします。
つまり、高校から入るよりも中学から、中学からよりも小学から、といった感じです。
付き合いが長ければ深い仲になるのは当然ですね。

慶應の場合、小学校から入るいわゆる「お受験組」は、有名人や大企業の子弟が多いのは有名です。
なので、そこから別次元の世界と繋がりを得ることが可能で、それが大学・社会人と続いていくわけです。

東大よりも慶應?


ランキングに戻ってみましょう。
2位〜4位は、東大合格者数トップの常連校です。
では逆に慶應への合格者数はどうなっているのか?
こんな感じでした(2015年度合格者数)。
  • 開成 196名
  • 麻布 146名
  • 筑駒 88名
  • 灘  19名
  • 合計 449名
上記はあくまで合格者数で入学者数ではありません
そしてほとんどが東大など難関国立と併願しているので、実際に入学する者はこの半分と見た方が良いでしょう。

今回のアンケート回答者である、高収入のビジネスパーソンは「コネクション・ネットワーク」等の意識が強く働くので、このような結果になったと思います。
当然、回答者が変わると、また違ったものになるでしょう。

公立中高一貫校はどれぐらい?


このランキングでは、公立中高一貫校もいくつかランクインしています。
上位順に挙げると、千葉県立千葉都立両国都立小石川市立横浜サイエンスフロンティア都立三鷹、といった感じです。
どれも関東の学校ばかりですね。

ちなみに私がこのアンケートの回答者だったら、「子供が行きたい所」と曖昧な回答をしてしまうでしょう。
「自分だったらこの学校へ行きたい」という質問であれば明確に答えられるのですが。
皆さんだったら、どう回答されるでしょうか。
関連記事

スポンサードリンク


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
            

tag : 中学受験 慶應義塾 開成 筑駒 麻布

2015-08-25 17:39 : 学校情報 : コメント : 2 :
コメントの投稿
非公開コメント

子供が行きたいところ。私も同意します。
この週間ダイヤモンドと同時期にでた、ダイヤモンドセレクトという、ムックには、また違う切り口で書かれていて、結局、子供が行きたいところが正解なんじゃないかと思ってしまいます。
2015-08-25 18:52 : ブーちゃん URL : 編集
Re: タイトルなし
>ブーちゃんさん
コメントありがとうございます。
やはり親のエゴではなく、子供の自主性を尊重したいですよね。うちの場合、息子が「受験したい」と本人の口から言わなかったら中学受験をすることは無かったでしょうし。
ただ、受験に熱心な親御さんの気持ちも、最近は理解できるようになって来ました。何だかんだで皆、「子供の将来のため」頑張っているのだろうなぁと。その気持ちを子供も感じ取れて、二人三脚で良い方向に進んでくれたら良いんですけどね。
2015-08-26 00:16 : masa URL : 編集
« next  ホーム  prev »

ブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ

にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ

プロフィール

masa

Author:masa
息子と共に私自身も勉強して行きます!

Subscribe with Live Dwango Reader

検索フォーム

カウンター