筑波大学附属駒場とは何か?どこがスゴいのか?

東京にはたくさんの国立大附属の学校があります。

私が知る限り、筑波大学附属高校・同附属駒場高校・東京大学教育学部附属中等教育学校・東京学芸大学附属国際中等教育学校・東京学芸大学附属高校・東京芸術大学附属高校・東京工業大学附属科学技術高校・お茶の水女子大学附属高校と8校もあります。

この中でも、筑駒こと筑波大学附属駒場中学・高校は大学進学の面から異彩を放っており、私立御三家中学校とも別格扱いされているのはよく知られています。

そこで筑駒とは一体何なのか少し考えてみました。

スポンサードリンク

            

東大合格率日本一の学校


まず今年2015年の東大合格者数のランキング(現役・浪人含む)を見てみましょう。
  • 1位 開成    185名
  • 2位 筑駒    109名
  • 3位 灘     94名
  • 4位 麻布    88名
  • 5位 駒場東邦  82名
  • 6位 桜蔭    76名
  • 7位 聖光学院  62名
  • 8位 渋幕    56名
  • 8位 海城    56名
  • 10位 学芸大附属 54名
以上のように、東大の合格者数トップは開成高校で、この30年間独走状態です。

ですが、ここには数字のトリックがあります。

開成高校の卒業生が400人なのに対し、筑駒の場合160名です。
つまり、母数が2・5倍ほど違うわけです。

今年2015年の例をあげると、開成高校の現役東大合格者数は120名でした。
対して筑駒80名
なので合格率でみると、開成約30%、筑駒は約50%ということになります。

つまり、筑駒という学校は卒業生の半分は東大に進学する学校であり、日本一東大合格率が高い学校なのです。
それゆえ、「筑波大附属ではなく東大附属じゃないか」と賞賛とも批判とも言える声は昔からあるのですが。

筑附・学芸大附属との戦い


1960年代の公立校全盛時代から、筑駒と筑附(どちらとも当時は東京教育大学附属)そして東京学芸大学附属高校は常に東大合格者数のトップにいました。
そんな点から、この3校は「国立大附属御三家」と言って良いでしょう。

日比谷といったトップ公立校が凋落し私立校の乱高下があるのをよそ目に、これら国立校は現在まで上位を維持しています。

1950年〜2009年までの60年間の東大合格者数は、筑駒4321名学芸大附属3858名筑附3376名という数字となっています(『東大合格高校盛衰史 60年間のランキングを分析する (光文社新書)』による)

この3校で最も歴史がある筑附が60年代までリードしていましたが、70年代に入ると筑駒が追い付き追い抜き、80年代から学芸大附属が躍進します。
90年代〜2000年代までは筑駒と学芸大附属によるシーソーゲームで、近年は筑駒・学芸大・筑附という順になっています。

師範学校を母心とするゆえ


数ある国立大附属の学校の中で、なぜこの3校だけが桁違いの進学実績を出しているのでしょうか?

それは筑波、学芸大学共に教師を育成する「師範学校」を前身とするからだと推測します。

現在の筑波大学は高等師範学校を、東京学芸大学は4つあった府立東京師範学校を母体として出来ました。
筑波大学は様々な学部を有する総合大学ですが1978年まで東京教育大学という名前であり、東京学芸大学は現在も学部が教育学部1つのみと、教員育成に最も特化した学校です。

そのため、もともと優秀な教員が集う風土があったといえます。
そして集まった生徒も教育熱心の家庭の子息が多くそれが好循環となって、このような驚異的な実績を産んだと言えるのではないでしょうか。

またややこじつけに近いですが、3校とも東京大学に近い所に位置しています。
筑附は文京区大塚に、筑駒はその名と通り東大駒場キャンパスの隣にあり、学芸大附属はその駒場に近い下馬という所にあります。

日本一難易度が高い中学校


筑駒の偏差値は、四谷大塚調べで74となっており、この数字は開成中学校の72を抜きます。
倍率は5倍前後で、公立中高一貫校のそれと見るとやや低めに見えますが、それでも高倍率です。

入学試験は主要4教科+報告書の合算で決まります。
合格最高点と最低点が公表されており、正答率は65〜70%ほどです。

男子校なので一概には言えませんが、上記の点で筑駒は日本一難易度が高い中学校と言って良いかもしれません。
ちなみに筑附の方は男女共学で、偏差値は男子が68、女子が70となっています。

秋に学校説明会と文化祭開催予定


私の息子の友達は小学低学年から塾通いをし、筑駒志望だったそうですが、成績的に麻布に切り替えたそうです。
やはりこの辺りを狙う層は、それぐらい徹底し戦略を練ってやっているのでしょう。
もっとも、「御三家には落ちたが筑駒には受かった」という声もよく耳にします(逆もまた沢山ありますが)。

私たちには受ける力はありませんが、10月に学校説明会、11月には文化祭があるようなので、参考のため一度足を運んでみたいなと思っています。

関連記事

スポンサードリンク


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
            

tag : 中学受験 筑駒 筑附 学芸大附属 東大合格

2015-07-25 23:56 : 学校情報 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

ブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ

にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ

プロフィール

masa

Author:masa
息子と共に私自身も勉強して行きます!

Subscribe with Live Dwango Reader

検索フォーム

カウンター