小石川中等教育学校の授業公開

school.png

小石川中等教育学校の授業公開を見学した感想です。

学校については前回の記事を

スポンサードリンク

            

校舎・校内


4階建ての縦長な校舎です。
正直な所、古さや狭さは否めません。
(トップ校とは言え公立なのと、場所柄の都合上しょうがありませんが)

けれど、吹き抜けがあったりと日光がしっかり入るような造りになっていて、それなりの開放感はありました。

各年ごとABCDと4クラスあります。
つまり各40人クラス。
1年生は1階で、受験を控えた6年生は2階にありました。

教室内は一般的な感じです。
ただ吊り下げられたTVがブラウン管で、教育予算のキツさが伝わってきましたね。

理科系実験室が5つ(物理・化学・生物・地学・理科)ありました。
さすがスーパーサイエンスハイスクール。
ただし、結構散らかっていたのが目立ちました(笑)。

音楽室は手狭な印象がありましたが、弦楽器やキーボードなどが充実しているように見えました。
音楽系の部活動が5つあるらしく、フィルハーモニーオーケストラまであるそうです。

体育系は剣道場、柔道場、そしてトレーニングルームがありました。
校庭は、周囲を高い網で囲っていましたが、やはり手狭です。
サッカーコートはありましたが、野球部はどこで練習しているんでしょう。

図書館はこの日、非公開だったのですが、3万3千冊ほどの蔵書量とのこと。

給食はタッチパネルで予約発券し、隣の配膳室から各教室に運ぶそうで興味深かったです。
また自販機がいくつか置かれています。

最初に古いと書きましたが、トイレが1番残念でした。
和式が未だあるのは頂けない。
せめてトイレ辺りだけでも改装して欲しいなと思います。

授業風景


肝心の授業ですが、生徒教師双方とも熱が入っているのが伝わりました。
各授業45分という短さなので、かなり密度が濃いです。
なのでアセアセとやっているかというと、そうではなく、意外とゆったりした感じでした。
ただ、数学の授業は結構進むのが早く、しくじった場合巻き返すのに大変かなぁという印象も抱きました。

7時限目まであり、1日合計315分の授業時間です。
宿題はどの程度でるかは分かりませんが、パンフレットには1日2時間程度の家庭学習を身に付けて欲しい旨が書かれています。

また後期課程では8時限目に第二外国語(ドイツ語・フランス語・中国語)があるそうです。

立地


文京区の不忍通り沿いに位置しマンション・ビルに囲まれ、公立私立問わず様々な学校機関が密集する所に立地しています。
区立駕籠町小学校と私立村田女子高校とは隣接しています。

国道17号線(白山通り)と不忍通り(都道437号線)に覆われているため、交通量はかなり激しい方です。
ただ、ガードレール等はしっかり設置されており、そこら辺は十分注意が向けられていると思われます。

最寄り駅は都営三田線千石駅で目の前にあります。
他は巣鴨駅から10分、駒込駅から13分。

私たちはJR巣鴨駅から白山通り沿いを歩いて向かったのですが、子供の足では15分~20分はかかると見た方が良いでしょう。
ちなみに登校時間は8時25分までです。

今後の学校説明会


以上、授業公開に参加しての感想でした。
かなりの人が訪れていて、HPによると2千名以上来校したとか。

今後の学校説明会等の日程について記しておきます。

授業公開
11月14日(土)午前のみ

学校説明会
10月3日(土)午前・午後
11月7日(土)午前・午後

適正問題解説会(要予約)
7月18(土),19(日)午前
11月22日(日)午前

個別相談会(東京都合同説明会)
10月25日(日)午前・午後(都立晴海総合高校にて)
11月1日(日)午前・午後 (都立新宿高校にて)

理科実験教室(要予約)
10月17日(土)

創作展(文化祭)
9月12日(土)・13日(日)

他に部活動見学などもあるので、詳細は公式HPをご参照下さい。

小石川中等教育学校



2015年の過去問が発売されてます。
東京学参は桜修館中等教育とのセットですね。




両国高等学校・附属中学校の授業公開にも参加してきました↓
両国高等学校・附属中学校の授業公開感想
関連記事

スポンサードリンク


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
            

tag : 小石川中等教育学校 公立中高一貫校 学校情報

2015-05-23 17:49 : 東京都の公立中高一貫校 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

ブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ

にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ

プロフィール

masa

Author:masa
息子と共に私自身も勉強して行きます!

Subscribe with Live Dwango Reader

検索フォーム

カウンター