両国高等学校・附属中学校の授業公開感想

前回の続きです。
未読の方はこちらから→両国高等学校・附属中学校について

今回は両国高校・附属中学校の授業公開の感想について記します。

スポンサードリンク

            

校舎・校内


以前行った小石川中等教育学校と比較すると、とても広く感じました。

校門は赤レンガで囲まれており、入って左には両国が誇る出身者芥川龍之介の記念碑が樹花に囲まれて目に入ります。
学校への入り口は、この正門と裏門の2つあるようです。
玄関もまた中学生用と高校生用に分けるためか2つに分かれていました。

校舎は5階建てで2階は中学1,2年生、5階は3年生となっています。
5階には他に美術室、被服教室、音楽室があり、4階には物理実験室、化学実験室などがありました。

大階段が2つと、校舎真ん中にエレベーターも設置されています。
トイレには車いす専用の個室も常備されていたので、その辺りも考慮して造られているのだなと好感を抱きました。
ただし、車いす専用以外の便器は和式でした(女子用は分かりません)。

グラウンドは非常に広々としています。
体育館などはこの日非公開だったので見学できませんでしたが、渡り廊下越しの別練となっており、屋上にはプールがあるようです。
ほかに剣道場、柔道場、弓道場、テニスコートなどがあります。
図書館の蔵書は約2万8千冊とのこと。

教室内は冷暖房完備で、ほどよい広さで、窓からの陽射しもちょうどよくて快適でした。
荷物や教科書類は、各階の真ん中に位置する鍵付きロッカーに保管できます。

全体的には、古くも新しくも無く、一般的な校舎だと感じました。

授業風景と内容


各50分授業で、休憩時間は10分あります。

かつてスパルタ的と恐れられた面影すらなく、教師生徒双方とも落ち着いた雰囲気で授業を行っていました。
時に先生が授業内容に関連した冗談を言っては笑いが起こるなど、ほどよく賑やかです。
これは高校受験が無い中高一貫校ならではの特典でしょう。

ただ数学の授業の場合、授業開始10分ほどは小テストを行い、それから解答を各生徒に答えさせながら理解を深める、といった感じで行われていました。
同じく国語も、15分ほど個人やグループで文章を作成させていたりと、校訓である「自律自修」が良い感じに反映されていると思いました。

この日の時間割を見る限り、数学と国語と英語には教師が各2名ついているようです。
数学の場合、同じクラスでも2つに分け、別の教室で行われています。
また中学2年では「考える国語」として論理学も教えており、論理的思考を高めようとする学校側の意識がうかがえます。

英語はパワーポイント等で作成したものをプロジェクターで映して授業を行っていました。

理科はこの日、物理教室と化学実験室で実験が行われており、美術では絵画カードを使ってカルタ形式で当てる、といった授業でユニークです。

ちなみに、1日の基本授業時間は50分×6授業の300分となっています。

恵まれた立地環境


両国と名が付くものの、最寄り駅はJR総武本線・東京メトロ半蔵門線の錦糸町駅です。
そこから徒歩5分ほどで着きます。
駅前の騒音から離れたわりと閑静な所で、学校を囲む歩道も幅広いです。
その他の駅には、東京メトロ半蔵門線・都営新宿線の住吉駅菊川駅から徒歩10分で着きます。

このように交通の便から非常に恵まれた立地で、高倍率となるのも頷けます。

近くには、スカイツリー、国技館、江戸東京博物館などがあります。
また両国駅方面に向かう道の途中に、区立両国小学校があってここもまた芥川龍之介の母校であり、一角には文学碑があります。
見学の帰りにはこれらの名所に立ち寄るのも、勉強になって楽しいかと思います。

今後の学校説明会など


次回の授業公開は10月31日(土)に予定されています。
学校説明会は9月20日(日)。
願書が配布される説明会は11月28日(土)です。
詳しくは、学校公式サイトへ。
両国高等学校附属中学校




他の都内公立中高一貫校の授業公開・説明会などは以下の記事にまとめているので、参考までに。
東京都公立中高一貫校の学校説明会などの行事日程
関連記事

スポンサードリンク


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
            

tag : 公立中高一貫校 両国高校 両国高校附属中学校

2015-06-28 18:50 : 東京都の公立中高一貫校 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

ブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ

にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ

プロフィール

masa

Author:masa
息子と共に私自身も勉強して行きます!

Subscribe with Live Dwango Reader

検索フォーム

カウンター