両国高等学校・附属中学校について

両国高校・附属中学校の授業公開に行ってきました。
小石川中等教育学校のものに行って以来、2回目の見学です。
(小石川中等教育学校の授業公開の感想についてはこちらの記事を

授業公開は午前中だけで、あいにくの天気でしたが、多くの人が訪れていました。

両国高校附属中学校の学校情報についてのおさらいと、参加しての感想を2回に分けてお伝えします。

スポンサードリンク

            

創立から114年もの歴史ある名門校


両国高校は旧制府立三中を前身とし、1901年(明治34年)創立と114年もの歴史ある学校です。
東京都の公立中高一貫校のなかでは、近隣地区にある白鴎高校に次ぐ歴史を持ちます

当然ながら出身著名人も多く、何と言っても芥川龍之介の母校です。
校門をくぐったら、立派な文学碑が鎮座していました。
他には『風立ちぬ』の作者である堀辰雄、直木賞作家の石田衣良氏などがいます。

自律自修と勉強の両国


自由を謳歌する傾向の強い他所の進学校と違い、かつて両国は非常に厳しかったとされ、これは現在も「自律自修」という校訓に現れています。
また1960年代までは大手予備校が軒を連ねるなか「わが校では予備校なぞいらない!」と自負できるほど、受験指導に熱心であり、そういった事から「勉強の両国」と称されて来ました。
実際、学校群制度が導入されるまで、東大合格者は毎年60名以上出しており、1950年〜2009年までの60年間の累計東大合格者数は1331名となっています(光文社新書『東大合格高校盛衰史』より)。
これは都立高校に限れば、日比谷、西、戸山、小石川、新宿といった高校に次ぐ数字となっています。


都内公立中高一貫校御三家の1つとしての偏差値と倍率


そんな両国高校ですが、2006年に小石川中等教育学校、桜修館中等教育学校、九段中等教育学校と共に中高一貫化され、附属中学校ができます。

歴史と実績からか、偏差値的には小石川と武蔵と並んでトップ層にあり、いつからか「公立中高一貫校の御三家」の1つに数えられています。

偏差値は四谷大塚調べで、男子60女子62となっています。
今年2015年の倍率は8.71倍と全11校の中で最も高く、人気の程がうかがえます。

募集人数は男女各60名で、特別枠はありません。

適性検査と対策


適性検査はⅠ・Ⅱ・Ⅲと3つあります。
国語作文を課す適性検査Ⅰは独自となっており配点の比率も高いので、特に意識すべき箇所でしょう。
また内申書(成績表)の配点の開きも大きいのが特徴です。

偏差値や配点比率、対策については以下の記事をご参照ください。
東京都内公立中高一貫校の偏差値
こんなに違う!都内公立中高一貫校の選抜配点比較
公立中高一貫校国語文章問題の出典と傾向─2015年度版


授業公開に見学しての感想はこちらです↓
両国高等学校・附属中学校の授業公開感想
関連記事

スポンサードリンク


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
            

tag : 公立中高一貫校 両国高校 両国高校附属中学校

2015-06-27 22:54 : 東京都の公立中高一貫校 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

ブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ

にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ

プロフィール

masa

Author:masa
息子と共に私自身も勉強して行きます!

Subscribe with Live Dwango Reader

検索フォーム

カウンター