御三家とは何なのか?

中学受験の世界をのぞいてみたら、必ず目にする言葉があります。
それは「御三家」というもの。
この言葉は元々、尾張・紀州・水戸の3つの徳川将軍家のことを指す名称で、他の大名よりも別格扱いされていました。

中学受験界において使用される御三家も、その意味合いで使用されています。
つまり、偏差値が高く難関大学合格者を多く輩出している学校のことです。

詳しく見てみましょう。

スポンサードリンク

            

男子御三家と女子御三家


現在、御三家と呼ばれるのは全て私立校で、男女別学です。

男子御三家
  • 開成中学校・高等学校
  • 麻布中学校・高等学校
  • 武蔵中学校・高等学校

女子御三家
  • 桜蔭中学校・高等学校
  • 女子学院中学校・高等学校
  • 雙葉中学校・高等学校

どれもご存知の学校ですね。
大手塾によっては「開成コース」や「桜蔭コース」と学校別クラスまで設けていたりもします。

旧制中学校に使われていたのが起源


御三家中学校と呼び出すようになったのはかなり古く、明治時代から使われていたようです。
上記のような私立校ではなく、主に旧制第一高等学校に多く進学させていた旧制中学校に対して「一中御三家」と称されていました。

「一中御三家」とは以下の学校を指します。
  • 府立一中(現在の都立日比谷高等学校)
  • 愛知一中(現在の愛知県立旭丘高等学校)
  • 神戸一中(現在の兵庫県立神戸高等学校)

いずれもナンバースクールで、現在も公立トップ校です。

現在のニュアンスが定着したのは、学校群制度以降


東京都は1967年〜1981年にかけて、学校群制度というのが実施されていました。
これは各地の学力格差を無くそうとする一方、住居地ごとに志望高校が制限されるというものでした。
その影響で、東大合格者数が日比谷や西といった都立校の独占状態から激変します。
制限を受けない私立校により、その地位を引き渡すことになるのです。

日比谷高校は新制高校開始時の1950年から1967年まで東大合格者数1位でした。
ですが、この制度を開始した翌1968年には、兵庫県の灘高校に僅差で越されます。
それを境に、70年代〜現在に至るまで、東大合格者のトップは全国の有名私立校(+筑波大附属駒場と学芸大附属)に奪われます。

中学受験熱が一般層にも広がったのも、この時期と連動します。
私の推測では、80年代に開成・麻布・武蔵が東大合格者数トップ10に位置し出したので、それを機会に受験産業界がマスコミと絡んでこれらの学校を「御三家」と喧伝するようになったと思います。

2015年の東大合格者数トップ10


ここで、今年2015年の東大合格者数トップ10を見てみましょう。
  • 開成       185人
  • 筑波大学附属駒場 109人
  • 灘        94人
  • 麻布       88人
  • 駒場東邦     82人
  • 桜蔭       76人
  • 聖光学院     74人
  • 渋谷教育学園幕張 56人
  • 海城       56人
  • 東京学芸大学附属 54人

注意したいのは、卒業生の数が各学校によって違うので一概には出来ないということです。
例えば開成の卒業生は399人であるのに対し、灘は219人です。

とはいつつも、開成が1982年〜2015年の間、30年以上にも渡って東大合格者トップというのは驚くべきことで、最難関校というのも頷けます。

御三家といわれる男子校のうち、武蔵だけトップ10に入っていません。
私立武蔵高校といえば80年代〜90年代にかけては東大合格者を50〜80人ほど出していました。
が、2000年代に入ってから急落しています。
なので、塾によっては武蔵を御三家から外し駒場東邦などを入れている所もあるようで、何か嫌なものを感じてしまいます。

今年の武蔵の東大合格者数は20人でした。
ですが、難関国立大学現役合格率では麻布や駒場東邦など抑えて上位に居ます。
また逆に東大合格者数上位校から外れたことによって、校風が落ち着き良くなったという声もあります。
なので、東大にこだわり過ぎると視野が狭くなってしまうので注意が必要ですね。

公立中高一貫校の御三家?


御三家とは基本的に上記のような難関私立校に対して使われます。
また地域ごとの御三家もあるようで、神奈川だったら聖光・栄光・浅野、千葉だったら渋幕・市川・東邦大東邦を指すようです。

それに対して最近は、公立中高一貫校にも御三家呼ばわりされている学校もあります。
といっても11校もある東京都に限った話ですが。

具体的には、小石川・両国・武蔵の3校を「都立中御三家」と呼ぶそうです。
次点で桜修館が入るんでしょうか。

確かに進学率と偏差値の高さではこの3校が上位に居ますね。
ただ、大泉、富士、南多摩、三鷹の各学校は2010年に中高一貫校化したので、その1期生が卒業するのは来年となります。
その結果次第で、また勢力地図が変わってくるのが予想されます。

公立中高一貫校の偏差値と東大合格者数については以下の記事もご参照ください↓

東京都内公立中高一貫校の偏差値
東大合格者トップ校はどこ?公立中高一貫校の東大合格者数 2015年版

今の御三家も、かつては滑り止めだった


現在、御三家と言われる私立校も、かつては滑り止め校だったとはあまり知られていない事だと思います。
戦前のトップ校といえば、先述の府立一中を頂点とする公立の旧制中学校です。
そこから旧制第一高等学校に入り、東京帝国大学に入るのがエリート街道と言われていました。

ナベツネこと渡辺恒雄氏は、府立校に全て落ちて滑り止めだった開成中学に入りますが、親族の前でそれを報告するのがひどく辛かったといいます。
今では信じられない話ですが、開成といえど当時の評価では底辺校扱いだったわけです。

このように、時代によって評価というのは激変します。
また歴史の有る無しもあまり関係ありません。
例えば現在、最も勢いがある私立校といって良い渋谷教育学園幕張・渋谷両校は、開校してまだ30年ほどです。
それがここ10年でここまでの実績と評価を獲得し、勢力地図を変化させています。

ともかく、肩書だけで無闇矢鱈に判断するのは避け、様々な視点で学校を選びたい所です。
関連記事

スポンサードリンク


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
            

tag : 中学受験 御三家 公立中高一貫校 東京大学

2015-06-17 22:08 : 私立校 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

ブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ

にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ

プロフィール

masa

Author:masa
息子と共に私自身も勉強して行きます!

Subscribe with Live Dwango Reader

検索フォーム

カウンター