公立中高一貫校とは?─3つのタイプ

ここ数年、公立校の中高一貫化が活発です。

中高一貫校とはその名の通り、中学と高校が一体化した教育が行われます。例えば、中学から入った場合、エスカレーター式に高校へ進学出来ることがほとんどなのです。

中高一貫校には3種類の形態があります。

スポンサードリンク

            

同一学校型


これは中等教育学校とされるもので、中学を前期課程、高校を後期課程とします。
特徴としては、小学校と同じように6年間を一区切りで教育を行うというスタンスです。
なので中学3年に該当する前期課程を終え後期課程に入ったら、高校○年生とは呼ばれず4,5,6年生と扱われます。また後期課程からの募集は、通常行われませんので、6年間同じ面子で過ごします。
全国に48校あり、東京都の公立の場合、以下の6校が該当。

•東京都立小石川中等教育学校
•東京都立桜修館中等教育学校
•東京都立立川国際中等教育学校
•千代田区立九段中等教育学校
•東京都立三鷹中等教育学校
•東京都立南多摩中等教育学校

併設型


同じ設置者が中学、高校を接続するタイプで、ほとんどの私立校はこれに該当します。
中等教育学校とは違い、高校からも募集が行われます。
中学校の場合、「〜高校付属」と記されているので見分けやすいです。
全国に273あり、東京都の公立の場合、以下の5組の学校です。

・東京都立白鴎高等学校・附属中学校
・東京都立両国高等学校・附属中学校
・東京都立武蔵高等学校・附属中学校
・東京都立富士高等学校・附属中学校
・東京都立大泉高等学校・附属中学校


連携型


中学と高校の設置者が異なるも、連携して教育を行います。
本来は別々の学校だけど、地理的な理由等で協力してゆく感じと言ったら良いでしょうか。
上記2つのとは多少ニュアンスが異なりますね。
全国に177あり、そのうち公立が174組を占めてるそうです。


受験校とされるものは、主に同一学校型(中等教育学校型)と連携型の方ですね。
追々、各学校について詳しく記していきたいと思います。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
にほんブログ村


関連記事

スポンサードリンク


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
            

tag : 公立中高一貫校

2015-05-20 06:00 : 学校情報 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

ブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ

にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ

プロフィール

masa

Author:masa
息子と共に私自身も勉強して行きます!

Subscribe with Live Dwango Reader

検索フォーム

カウンター