中学受験にかかる費用はどれぐらい?

中学受験で親が頭を抱えるのは、子供の学力と家計でしょう。
前者は子供を信じてサポートする以外ありませんが、後者は親がやりくりするしかありません。

『中学受験のひみつ』という本によると、中学受験にかかる費用は平均230万円とされています。

中学受験のひみつ
中学受験のひみつ
posted with amazlet at 15.06.14
安田賢治
朝日出版社
売り上げランキング: 297,049


しかし、それを上回る家庭の方が多いのが実情かと思います。
詳しく見てみましょう。

スポンサードリンク

            

塾代+受験料+交通費+参考書+手付金+…


中学受験で最も費用がかかるのは、当然ながら塾代(講習費・合宿費含む)です。
私立校対策に通った場合、年間100万前後かかり、小学4年生から始めたとしたら、累計250万以上かかることになります。
(大手進学塾の費用についての記事はこのページをご覧ください→中学受験塾の費用と、公文式とZ会通信教育

受験料もばかになりません。
私立校の受験料は、2万円前後が標準です。
それを5校受けたとして、10万。
模試や受験会場の交通費も、場所によってはかなりかかるでしょう。
また塾のテキストだけでなく、家庭学習用の参考書や中学案内書なども購入します。
さらに合格祈願へのお布施、合格校確保のための手付金、ひいては塾の先生への付け届け…と、キリがありません。
受験雑誌など読むと、中学受験の費用だけで300万〜500万超えといった家庭が頻出します。

また合格しても私立校の場合、年間100万ほどの学費がかかり、中高6年間で600万超となります。

私立中学校と東大に通う家庭の世帯年収


私立中学校に通う世帯収入はどれぐらいでしょう?
文科省によると、私立中学校に通う世帯年収の約50%が1000万円以上となっています。
付け加えると、東大生の家庭の世帯年収も似た傾向となっています。
公立中高一貫校についてのデータは分かりませんが、恐らく近いものでしょう。

ということはやはり、中学受験をする家庭は富裕層が多い傾向にある、となります。

しかし日本の平均世帯年収は500万というのが現状です。
景気が回復しているとは言え、それは株価的なものでしかなく、所得が倍増したという声は全く耳にしません。
そして残念なことに、今後も格差は広がっていくでしょう。

家計簿をつけて節約し、お金を貯める


書いていて暗い気持ちになってしまいましたが、少しでも良い方向に出来ないものかと考えてみましょう。

収入を僅かの間に上げる方法は、まずありません。
宝くじに当たらない限り大金を掴めることも無いですしね。

ですが「お金を貯める方法」はあります。
1番手っ取り早く確実なのは、まず家計簿をつけ節約を意識した生活をする事です。

比較的裕福な家庭ほど、家計簿をしっかりつけています。
以外に思うかもしれませんが、こういった地道な事をするとお金を客観的に捉えることが出来て、無駄な支出を抑えることに繋がるのです。
そして、それが貯蓄となる。
まさにチリも積もれば山となるです。

ちなみにわが家の場合、書籍代以外は節約の意識を持って生活しています。
食費や光熱費はもちろんですが、携帯電話の通信契約など以外と気にしていなかった所から見直しております。

こういったことは中学受験だけに限らず、今後の人生に繋がることですね。
関連記事

スポンサードリンク


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
            

tag : 中学受験 費用

2015-06-14 22:24 : : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

ブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ

にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ

プロフィール

masa

Author:masa
息子と共に私自身も勉強して行きます!

Subscribe with Live Dwango Reader

検索フォーム

カウンター