英語勉強法を考える〜中高生から社会人まで〜

英語力、という言葉を聞かない日はありません。

ご存じの通り、日本の教育はいま、血まなこになって「英語力を身に着けさせよう」と必死です。
京都大学の教養課程では英語で行われることが話題を呼び、多くの大学が「英語での授業」を導入しようとしています。

そんな「英語の大波」に対して、賛否両論はもちろんあります。
私も現状での英語教育には、欠点があまりに多く、疑問を抱く立場であります。

ですが、英語に限らず、外国語というのは、学ばないより学んだ方が良いし、そして習得した方が良いに決まっています。

中学になれば、英語が国語、数学と並んで、大きな位置を占めます。
上記の英語化の流れからして、高校受験も大学受験も、英語の比重が大きくなっています。

それでも、日本語と英語という180度も違う言語を習得するのは簡単ではありません。
そして一度苦手意識を持ってしまうと、ものすごいアレルギーを抱いてしまうのは、多くの人が経験していることかと思います。

世の中には「英語勉強法」が、たくさんあります。
わたし自身も長いこと英語を勉強し、今も継続中で、さまざまなことを試してきました。
そういった経験も含め、英語(語学)の勉強法を今一度ふりかえってみたいと思います。

スポンサードリンク

            

絶対的な英語勉強法はない


いきなりこんなことを書いてしまうのは無責任かも分かりませんが、実際、そうなのです。

もし、「誰もが簡単に習得できる語学習得法」があるのならば、文科省が一目散に導入しているはずだし、世界中で実践されているはずです。
百年後に発見されて普及しているかどうか、というのが現状です。

ということで、巷には幾千の「英語勉強法」を謳う本があるわけです。
わたしも色々手を出してきました。

そこで言えるのが、「それぞれのやり方がある」ということ。
つまり絶対的なものはなく、千差万別ということです。

ただし異口同音に言っていることは、「結局、コツコツやり続けるしかない」ということです。
このあたりは努力論になってしまいますが、結局はそれに帰結します。

英語アレルギーを克服するには?


よっぽど好きで得意でない限り、多くの人は英語アレルギーにかかります。
症状はそれぞれあるも、重度になると、英語を見ただけで、吐き気を催したり、実際に蕁麻疹が出る人もいるそうです。

そうなってしまう原因は簡単です。
単純に、英語が「嫌い」で「得意じゃない」から。
これには、教師の教え方が悪い、などいろいろな要因があります。

では、それを克服するには?
この逆をやるしかありません。
つまり、英語を「好き」になって「得意にする」。
もしくは「好きではないけど、得意だ」でも良いでしょう。
いずれにせよ、英語を受け入れることができるようになったのですから。

では、それまでの道筋は?

量より質か、質より量か?


たとえばわたし達が今こうして日本語を使えているのは、これまで大量に日本語という水分を摂取してきたからです。

何も分からない状況から、時間をかけてたくさんの言葉を習得してきました。
つまり言語習得とは、「膨大な時間をかけて慣れた結果」なわけです。

なので、英語に限らず第二言語を習得するには、「母語以上に慣れる必要がある」となります。
この場合、質より量、といえますね。

たとえば慣れまくって積み重ねるごとに、その言語をそのまま解釈することができます。
「Apple」と言えば、いちいち「リンゴ」と変換しなくても良いように。

現在の学校教育を見てもわかりますが、まずは英語に触れる機会を重要視しています。
洋画や歌に触れさせてから、その言葉の意味や文法を解説する、といった感じで。

ですが、それが長文などになってくると、品詞や文法などが分からなくなって、フラストレーションが溜まってきます。
多くの場合、ここが、アレルギーを引き起こすきっかけでしょう。

そういう時は単純に、「理解不足」に陥っています。
つまり質が伴っていない
分からないものを無理矢理分かろうとするから、嫌になってしまうのです。
数学で公式や解法を学んでいないのに、未分野を解こうとしているのと同じなのです。

なので習得には、「質を高めつつ量をこなす、量をこなしつつ質も高める」ということがマストになります。
どちらも必要なのです。

英語が苦手な人は、英語版の日本アニメを観ることがオススメ


そうはいいつつ「量や質とか以前に、英語自体が受け入れられないんだ」という方もいるでしょう。

そこで、もしアニメがお好きならば、英語で吹き替えされた日本のアニメを観ることを強くオススメします。
それも何回も

海外ドラマや洋画でも構わないのですが、まずはアニメからが良いです。
というのも、海外ドラマと違って、描かれている世界が基本的に日本であり、キャラクターも日本人ですから、抵抗感が低いのです。
そしてなにより、物語の流れやセリフが掴みやすいのです。
というのは、やはりアニメですから、分かりやすい言葉が使われていて、難しい単語は基本的には出ません。

一番フィットしているのは、やはりジブリ作品でしょう。
となりのトトロ』なんかは90分で終わりますし、『魔女の宅急便』は舞台がヨーロッパなので違和感もありません。
また、ディズニーと提携しているだけあって、字幕や吹替えもしっかりしています。

My Neighbor Totoro (Two-Disc Blu-ray/DVD Combo) (1988) (北米版)
Walt Disney Home Entertainment Presents A Studio G
売り上げランキング: 1,294


魔女の宅急便 北米版 / Kiki's Delivery Service [Blu-ray+DVD][Import]
Walt Disney Home Entertainment Presents A Studio G
売り上げランキング: 1,716


現在、アマゾンで販売されている北米盤はBlu-rayとDVDがセットな上、音声がオリジナルの日本語、英語、さらにフランス語、字幕は英語とフランス語+映像特典満載という豪華さにも関わらず、日本盤よりも安く購入できます


テレビアニメは、各話20分で終わるので、ハードルが低いです。
ここから始めるのも良いでしょう。

いわゆる日常系アニメは、深夜で放送されているのが多いですが、中身は『サザエさん』なんかと変わらないので、英語で観ていても疲れません。
けいおん!』あたりから始めるのが、丁度良いと思います。

けいおん!/ K-ON: SEASON 1
Section 23
売り上げランキング: 48,815

(注・こちらはプレーヤーの設定が必要です)

とにかく、手段は選ばず、かつハードルを低くして、コツコツ継続できるやり方を身に着けることが、外国語習得の第一歩です。
関連記事

スポンサードリンク


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
            

tag : 英語

2016-12-13 18:24 : 英語 :
« next  ホーム  prev »

ブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ

にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ

プロフィール

masa

Author:masa
息子と共に私自身も勉強して行きます!

Subscribe with Live Dwango Reader

検索フォーム

カウンター