中学受験後、燃え尽き症候群を防ぐには?

中学入試の合格発表があってからしばらく経ちます。

東京都の場合、2月に入ると同時に試験本番があり、そして合格発表と、怒涛の1週間でした。
あまりに密度が高すぎて、遠い過去のようにすら思えてしまいます。

受験というのは大半の受験生が第一志望を勝ち取れず、涙します。
私たちもそのなかの一部です。

ですが、時間が解決する、というのは本当のようで、子供も親も日を追うごとに元気を取り戻しています。
私が読んでいるいくつかの中学受験ブログを見るに、ほとんどのご家庭が失敗から立ち直られて、次のステップへと進みはじめているようです。

とはいいつつ、受験から解放された子供たちは燃え尽き症候群になりがちです。
緊張の糸がピンッと切れてしまったわけですから、ダラダラとしてしまうのは致し方ないでしょう。

ですが、勉強への意欲まで失ってしまったらミもフタもありません。
というより、せっかくこれまで勉強してきたのがもったい無いです。
これは受験に失敗した子供だけではなく、志望校に合格した子供にも当てはまることです。

そこで、この燃え尽き症候群を防ぐにはどうしたら良いか考えてみました。

スポンサードリンク

            

高校受験へ向けてリベンジ


まず、具体的な目標を新たに見つけるのが良いでしょう。

志望校に受からず、地元の中学校に進学することになった場合、高校ではリベンジを果たす!と、すでに闘志を燃やしている子も多いかと思います。
実際、うちの場合はそうです。
子供が公立中高一貫校を受検すると決めた時から「ここはあまりに狭き門だから、受からなかった時は高校でリベンジするように」と口酸っぱく言ってきました。
よく都内の進学校を見せに行ったりしましたね。

それが功を奏したのか分かりませんが、公立中高一貫校がダメでもその日のうちに回復しました。
早速、難関高校受験塾の資料を取り寄せ、偏差値表を壁に張るまでになっています。

もちろん中には「受験戦争からは一歩引きたい」、と思っている子供もいるでしょう。
その場合、親だけが目の色変えて「この高校はすごいから次はココ目指そう!」と言っても、聞く耳を持たないと思います。
なので無理に勉強なんか押しつけないで、好きなことをやらせてあげたほうが無難です。

ただし、家でダラダラとネットをさせるのは避けた方が良いでしょう。
私たち大人にも言えることですが、ネットは麻薬に近いほど中毒性を持っているので、どうしても惰性が身についてしまいます。
プログラミングやゲーム制作など有意義なことに使うなら推奨できますが、動画サイトの場合1日中観てしまいますからね。

漢字検定、数学検定などを資格試験を受けさせてみる


中学受験では、小学校で習う範囲以上のことを習得しなくてはなりません。
そこで得た知識や解法を、中学入試のためだけに使ってそのまま放ったらかしてしまうのは非常にもったいないです。

なので、漢字検定数学検定といった資格試験を受けさせてあげた方が良いでしょう。

漢検の場合、中学受験をやった子であれば中学在学レベルの4級ぐらいが妥当かと思います。

漢検4級漢字学習ステップ 改訂三版

日本漢字能力検定協会
売り上げランキング: 3,003


数検も5級や4級からでしょう。

実用数学技能検定過去問題集 数学検定5級

日本数学検定協会
売り上げランキング: 26,570


実用数学技能検定過去問題集 数学検定4級

日本数学検定協会
売り上げランキング: 13,343


他にも英語検定がありますね。
5級程度ならば中学1年生レベルなので、独学でもやすやすと取れるでしょう。
中学へ向けた手馴しとして最適です。



資格はその後のキャリアに使えますし、社会に出た時に学歴以上の力になります
なので、今のうちから資格を取っておくのは非常にお得と言えます。

子供の視野を広げてあげる義務


さて、受験を経験すると、否応なく「数値化ロボット」と化します。
これは中学受験に限った話ではなく、高校でも大学でもそうです。
これには良い面悪い面の2つの側面を兼ね備えていると思います。

良い面としては、自分の(受験における)能力を客観視し、それに応じてスキルアップの努力をするようになるという点。
これはスポーツでも同じですね(むしろ勝ち負けがはっきりするスポーツの方が過酷でしょうが)。

良くないなと思うのは、何事も数値で判断してしまいがちになるという点でしょうか。
たとえば「あの学校の奴は自分より下、あの学校は上……」と無意識に思ってしまう。
また、いわゆる学歴コンプレックスを抱いて、どこか歪んだところを持ってしまうことも多々あります。
一番病」にかかってしまうこともあるでしょう。
トップを目指すために努力をするのは褒められたことですが、「一番じゃないとダメ!」という強迫観念じみたものに襲われてしまうこともあります。
例を挙げると、トップの中学高校に入り、トップの大学(すなわち東大)のトップの学部(文科一類から法学部。もしくは理科三類)に入らなくてはならない、という思い込みです。
もちろん、本人が幸せだったらそれで良いのですが、そこまでトップにこだわり過ぎると客観的には辛く見えてしまいます。

親は子供に対して、視野を広くさせてあげる義務があると思います。
私が息子に中学受験をさせたのも、その一環でもありました。
視野が狭くなりがちな現代だからこそ、こういった意識はより高めなければならないと思います。
関連記事

スポンサードリンク


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
            

tag : 中学受験 公立中高一貫校

2016-02-12 17:45 : 中学受験の疑問 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

ブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ

にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ

プロフィール

masa

Author:masa
息子と共に私自身も勉強して行きます!

Subscribe with Live Dwango Reader

検索フォーム

カウンター