2016年度東京都公立中高一貫校合格発表…結果は?

ついに東京都公立中高一貫校の合格者が発表されました。

この6日間、本当に長く感じました。
正直、試験本番日よりモヤモヤして生きた心地がしませんでした。

さて気になる私の子供の結果ですが……

スポンサードリンク

            

結果発表


午前9時、ネット上での合格発表。
想定通りアクセスが集中していて、中々見ることが出来ません。
この辺りが心拍数のピークだったかと思います。

しばらくして繋がりました。
いざ、緊張しながら見てみると……



残念ながら、私の子供の番号はありませんでした。

こういう時、人は何度も見返すものなのですね。
それでも数番違いの番号しかないのは変わりありません。

子供の反応


本来は会場まで見に行こうと予定していた為、息子は今日学校を休んでいました。
そのため、どう伝えるものか迷いました。

直接本人にも確認してもらった方が良いだろうと、ディスプレイに合格番号をあらためて表示。
ひと目見てポツリと一言。
あー無いな……
そういって何度も溜息をつき、軽く涙目になっていました。
号泣とまではいかなかったのですが、それでも午前中は意気消沈状態。
繰上げの通知が来ないか、玄関前に出たり不在通知が無いかポストの中を見たりしては時間が過ぎていきました。

ショックの免疫がついた?


結果を見て、私が最初にかけた言葉はやはり
とりあえず、お疲れ様。1年間よくがんばった!
というものです。

そうは言いつつも、私自身もかなりショックでした。
自己採点では6割以上取っており、ギリギリ受かっているのではないか、という期待があったからです。

ただ不思議なことに、息子のショック度合いは、先週の上位私立校の結果を見た時の方が大きかったようです。
それで免疫がついたのでしょうか、割りとさっぱりしているところがありました。

夜になると「高校受験はもっとレベル高いところ行けるよう、今から勉強する!」と笑いながら言うようになるまで回復していました。
親としては本当に幸いです。
我が子の嘆き悲しむ姿ほど、目にしたくありませんからね。

後悔はまったく無い


ともかく、我が子には「お疲れ様」と「これから新たな道へと向かってがんばろう」と胸を張って言いました。

そして、この狭き門をくぐり抜けた合格者およびその保護者の方々、本当におめでとうございます!
私たちの分まで、喜びを噛みしめて欲しいと思います。

以前も書きましたが、この公立中高一貫校を第一とした中学受験を体験して、本当に良かったと親子ともども思っています。
「あの時、ああすれば良かった」という後悔は全くありません。
むしろプラスになったことばかりです。

今後の予定


実は、1月に受けた適性検査型の私立校に合格していました。
ですが、通学・資金等の理由から辞退し、地元の中学に通わせる予定です。
その私立校に使うお金を、塾費に当てようかなと考えています。

このブログは引き続き、体験してはじめて分かった中学受験情報や、学校の進学情報などを記していきたいと思います。
今後ともよろしくお願いします!
関連記事

スポンサードリンク


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
            

tag : 中学受験 公立中高一貫校

2016-02-09 23:10 : 東京都の公立中高一貫校 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

ブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ

にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ

プロフィール

masa

Author:masa
息子と共に私自身も勉強して行きます!

Subscribe with Live Dwango Reader

検索フォーム

カウンター