中学生になったら読ませたい本―佐藤優『先生と私』

小学校生活で残すイベントは、卒業式ぐらいになってしまいました。
6年間、本当にあっという間です。
そして1ヶ月とちょっとしたら、中学生となります。

制服の採寸(サイズ合わせ)も地元中学校にて行われました。
息子は苦々しい顔で参加していましたが、これも経験のひとつです。

さて、中学生になったら読んで欲しい、オススメの本がたくさんあります。
その中でも、作家で元外務省主任分析官であった佐藤優氏による『先生と私』は本当にオススメな本なので、紹介したいと思います。

続きを読む

tag : 中学受験 佐藤優

2016-02-14 22:07 : 参考書 : コメント : 0 :

過去問集の使い方【公立中高一貫校編】

私国立校に遅れること数ヶ月、公立中高一貫校の過去問題集もやっと出揃って来ました。
Amazonでは在庫切れを起こしていたりしますが、大型書店に出向けば簡単に入手できるかと思います。

私たちも早速入手し、夏期講習の合間をぬって過去問研究に励んでいます。
9月からは塾でも本格的な過去問演習に入るわけですが、それに先立って問題形式に慣れてゆこうという戦略です。

ただ、公立中高一貫校の問題は一筋縄にいきません。
なぜなら、答えが1つとならない問題が多くを占めているから。
なので過去問集の模範解答も(例)といちいち記されており、参考までにしか使えません。
素人である親が採点をするのは中々シンドい作業です。

そこで、「負担が少なく効率的に過去問を攻略できる方法はないか?」考えてみました。

続きを読む

tag : 中学受験 公立中高一貫校 過去問 演習

2015-08-19 15:38 : 参考書 : コメント : 0 :

国公私立中学校に通学しやすいオススメの駅

中学受験の学校選びにおいて、偏差値・倍率・進学実績に次いで気になるのは、自宅から学校までの通学時間かと思います。
中学生になるとはいえ、まだ幼い子供が朝と帰宅時の満員電車に乗って通う、というのは想像以上に体力を使うはずです。
それが6年間も続くわけですから、体力・精神・学力面まで影響するといっても過言ではないでしょう。

通学の1時間は偏差値で5の価値がある、という意見もあります。
「30分で通える偏差値60の学校と、1時間以上かかる偏差値65の学校は子供にとって同じ価値」らしいのです。
極端かもしれませんが、あながち間違っていないと思います。

東京の場合、交通網が極度に発達しているので、どこへでも通えると思いがちですが、最寄りの路線や駅によって全く異なります。

そこで、どの辺りが通学面で恵まれているかを考えてみました。
私見となりますが、お子さんが受験を考えているうえ引っ越しも検討されているのならば、参考になるかと思います。

続きを読む

tag : 中学受験 最寄り駅 山手線 御三家中学校

2015-07-06 20:02 : 参考書 : コメント : 0 :

『受験の神様』の感想と紹介されていた本

『受験の神様』というドラマをご存知ですか?
中学受験をテーマにしたこのドラマは2007年に放送されました。
主演はTOKIOの山口達也さん。
普段テレビドラマを見る機会が無く、この作品自体も最近まで知らなかったのですが、参考のために観てみました。

結構、面白かったです。

以下、感想と劇中で紹介されていた本について記します。
(なおネタバレを含みますので、未見の方はご注意ください)

続きを読む

tag : 中学受験 受験の神様

2015-06-16 20:48 : 参考書 : コメント : 0 :

算数を制する者は受験を制する!中学受験算数の参考書

中学受験では算数が国語と並んで、合否を左右する教科です。
また作文などを課す国語と違って答えが均一という点から、得点を取りやすい科目でもあります。

一方で、中学受験の算数はどこも難しいです。
ひねって作ってあり発想力も必要となって、時にセンスが要求されることもあります。

とは言いつつ、基礎がしっかりしていればちゃんと解けるように出来ています。
基礎=型を身に付けるのは何事にも重要で、こと算数の場合は「基礎の上に新たな基礎がある」という典型的な積み重ね型科目です。

これから夏休みにかけて、そんな基礎を固める重要な時期です。

そこで私たちが使用している算数の参考書と、定番書について紹介します。

続きを読む

tag : 中学受験 算数 参考書

2015-06-13 17:36 : 参考書 : コメント : 0 :
ホーム  次のページ »

ブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ

にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ

プロフィール

masa

Author:masa
息子と共に私自身も勉強して行きます!

Subscribe with Live Dwango Reader

検索フォーム

カウンター