受験終了から、中学入学までを振り返る

大寒波と共におそった中学受験シーズンも、あっという間に過ぎてしまいました。

希望通り、第一志望に合格したのもあれば、その逆もまたたくさんあります。
千差万別、各ご家庭ごとに、それぞれのドラマがあったかと思います。

受験終了後の今、小学校卒業も目前とした今、お子さんも、親御さんも、どこか緊張の糸が切れた状態かと思います。
ゆっくりと、休憩を取る時期ですね。

さて、それでも時間というのは進み続けるもので、あっという間に中学へ入学することになります。
先にも書いたように、志望校に入れる場合も、そうでもない場合もあります。

そこで、わたしたちの経験も踏まえた、中学入学までを振り替えってみたいなと思います。

続きを読む

tag : 中学受験 公立中高一貫校 私立中

2017-02-16 18:08 : 中学受験の疑問 :

受験直前期に意識するべきことは?

あっという間に、受験シーズンです。

東京の場合、2月1日から中学受験スタートで、怒涛の一週間となります。

中学入試が終わると、次は高校、そして大学入試が控えています。

こんな寒い時期にやらなくても良いのに、とは誰もが思うことですが、受験生当人にとっては、それを憂いるよりも、万全のコンディションで受験に挑むことが重要となります。

以下、受験直前期に意識すべきことをまとめておきます。

続きを読む

tag : 中学受験,高校受験,大学受験

2017-01-29 18:39 : 中学受験の疑問 : コメント : 0 :

中学受験をしてプラスになったこと&マイナスになったこと

わたしの息子が中学受験を本格的にはじめたのは去年の今頃でした。

都内公立中高一貫を本命でしたが、私立対策も独自にやっていました。
結果としては、公立中高一貫校は残念ながら通らず、手馴しで受けた中堅下位私立校に受かった、というものでした。

ただ経済的・通学的事情からその私立校には行かず、今は地元の中学に通っています。

ですが、このブログでも度々記しているように、中学受験を経験して本当に良かった、と親子ともども思っています。

では、具体的にどう良かったのか?
それはやはり、息子の態度が180度と言って良いほど激変したのです。

以下、詳しく書いてみます。

続きを読む

tag : 中学受験 公立中高一貫校

2016-04-20 19:24 : 中学受験の疑問 : コメント : 5 :

中学受験後、燃え尽き症候群を防ぐには?

中学入試の合格発表があってからしばらく経ちます。

東京都の場合、2月に入ると同時に試験本番があり、そして合格発表と、怒涛の1週間でした。
あまりに密度が高すぎて、遠い過去のようにすら思えてしまいます。

受験というのは大半の受験生が第一志望を勝ち取れず、涙します。
私たちもそのなかの一部です。

ですが、時間が解決する、というのは本当のようで、子供も親も日を追うごとに元気を取り戻しています。
私が読んでいるいくつかの中学受験ブログを見るに、ほとんどのご家庭が失敗から立ち直られて、次のステップへと進みはじめているようです。

とはいいつつ、受験から解放された子供たちは燃え尽き症候群になりがちです。
緊張の糸がピンッと切れてしまったわけですから、ダラダラとしてしまうのは致し方ないでしょう。

ですが、勉強への意欲まで失ってしまったらミもフタもありません。
というより、せっかくこれまで勉強してきたのがもったい無いです。
これは受験に失敗した子供だけではなく、志望校に合格した子供にも当てはまることです。

そこで、この燃え尽き症候群を防ぐにはどうしたら良いか考えてみました。

続きを読む

tag : 中学受験 公立中高一貫校

2016-02-12 17:45 : 中学受験の疑問 : コメント : 0 :

中学入試が終わったあとの接し方

昨日2月3日に、東京都の公立中高一貫校の適性検査が実施されました。
私たちも参加し、無事試験を終えることができました。

一年間が本当にあっという間に過ぎてしまい、「終わった」という実感がありません。
実際、公立の場合は発表まで1週間ほどかかるため、気持ち的にはまだ終わっていないことになります。

東京都は、来週9日に合格が発表されます。
なので、それまでモヤモヤと過ごすことになってしまいます……。

さて、昨日の入試を振り返りながら、受験後の子供との接し方について考えてみたいと思います。

続きを読む

tag : 中学受験 公立中高一貫校

2016-02-04 19:13 : 中学受験の疑問 : コメント : 0 :
ホーム  次のページ »

ブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ

にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ

プロフィール

masa

Author:masa
息子と共に私自身も勉強して行きます!

Subscribe with Live Dwango Reader

検索フォーム

カウンター