ENJOY YOUR LIFE!!
人生を楽しもう!

受験中にはこれを食べよう!頭が良くなる食べ物5選

腹が減っては戦はできぬ

 

そんな言葉があるように、食事は生きていく上で不可欠であり、エネルギーが不足していたら何も出来ません。

 

それが「受験という戦争」ならば言わずもがな。

 

日本食は健康に適したものが多い、というのは今や世界中で知られています。

 

 

2013年に和食がユネスコの無形文化遺産に登録されたのも記憶に新しいです。

 

人間の脳の神経細胞が、ある程度完成するのが10代後半と言われており、その過程には食べ物環境がもっとも影響を与えます。

 

なので、子供の食事は特に気をつけなくてはなりません。

 

受験中ならなおさらですね。

 

そこで、受験中に特に意識したい頭に良い食べ物をピックアップしてみました。

海苔は最強の食べ物!

スナック感覚で食べられる頭に最も良い食べ物とは、海苔(のり)です。

 

意外に思われるかもしれませんが、海苔には「葉酸」という、

「DNAの主成分を合成し神経細胞の代謝を助ける物質」

が多く含まれているのです!

 

これを摂取することによって、疲れにくい身体にし、記憶力を高める効果を得られます。

 

またビタミンB12鉄分が多く含まれているんですね。

 

ビタミンB12には葉酸のDNA合成を助ける働きがあり、鉄分には全身に酸素を運ぶ効果があります。

 

つまり、免疫力を高めてくれ、風邪や病気にかかりにくい丈夫な身体も作ってくれるのです。

 

おかずだけ食べてご飯を残す子がいる場合、海苔を常備しておくと良いです。

 

私の息子も少食でよく残すことがあったのですが、一枚一枚パックされた海苔を一緒に出すと、巻いて食べるようになりました!

味噌汁にはシジミを!

シジミの効能はよく知られていますね。

 

 

貝類は全体的に知能効果が高い食べ物ですが、その中でもシジミは抜群です。

 

先述のビタミンB12が最も含まれています

 

鉄分、亜鉛なども多く含まれていて、貧血予防にもなります。

 

緊張を解いてくれる食べ物なので、試験本番の朝にはシジミ入り味噌

 

汁を作ってあげて心身とも温め落ち着かせてあげたいところです。

 

また大人向けの話になりますが、肝臓にもとても効くのでお酒を飲み過ぎな方は、意識して摂取したい食べ物です。

 

加えて美肌効果も高いので、女性にもオススメ!

レバーは牛がオススメ!

健康食でお馴染みのレバーは、鶏や豚ではなく、牛のものが最も脳への効果が高いです。

 

レバーは癖があるので好き嫌いが別れますね。

 

そこで、レバニラ炒めなどにすると、結構子どもも食べてくれます。

 

私もレバー独特のあの匂いが苦手であまり口にしていなかったのですが、レバニラのおかげで好きになりましたよ!

サンマ・ニシン・サバなどの青魚

にはDHAが多く含まれています。

 

DHAとは「ドコサヘキサエン酸」のことで、これは神経組織を健全に発達させる働きをします

 

 

そんな魚類の中でも青魚は格別で、その中で最も脳への栄養素が高いのはサンマです。

 

DHAは魚の脂に多く含まれており、本当は刺し身など生で食べた方が良いのですが、サンマの場合、焼いても滴るほどあります。

 

くわえてタンパク質、ビタビンB12、ビタミンB6なども豊富に含んでいます。

 

その次に栄養素が高いのが、ニシンサバです。

 

学校給食で鯖味噌煮がよく出ますが、これは非常に理にかなった料理なわけです。

 

 

ご飯も進みますしね。

おやつにはクルミなど豆類を!

子供はおやつが大好きですが、ポテトチップスなどの食べ過ぎは当然ながら良いものではありません。

 

油成分、塩分があまりに高すぎます。

 

代わりに、アーモンドピーナッツ、そしてクルミなどの豆類で小腹対策をさせるのがオススメです。

 

特にクルミは脳味噌のよな形をしており、頭を活性化するオメガ3脂肪酸をたくさん含んでいます。

 

オメガ3脂肪酸とは先述の魚に多く含まれているDHAEPA(エイコサペンタエン酸)、そして胡麻に多く含まれているα-リノレン酸の総称です。

 

ここまでの栄養素が、手の平サイズに圧縮されているわけです。

 

クルミが頭に良いのは古くから知られていました。

 

歴史上最も難関とされた中国の科挙を受ける受験生はクルミばかり食べていたほど

 

ほかにも、天才が多いユダヤ人の食生活は今も豆類中心で、これが彼らの知能の高さを裏付ける要因の1つなのです。

 

カリフォルニア産 生クルミ LHP (無添加、無塩) 1kgパック
アシストフード
売り上げランキング: 910

甘いものが食べたくなったら、アーモンド入りのチョコを選ぶと良いです。

 

チョコも頭脳活性化に効果があり、特にブドウ糖が豊富に含まれているので脳へのエネルギーとして最適です。

 

ただその甘さゆえ糖分が高いので、摂り過ぎには注意が必要です。

 

勉強疲れした後、クタクタになった後に補給食として与えるのが良いですね。

 

 

以上、『受験中にはこれを食べよう!頭が良くなる食べ物5選』でした!

プロフィール

ライターの最新記事

最新記事

タグ一覧