ENJOY YOUR LIFE!!
人生を楽しもう!

アトピー自己治療実録・8日目

どーも、松井です。

 

土佐清水病院で入院した時は、このくらいの時期に大きな変化が見られました。

 

ですが、やはり環境の違いからか、まだあまり大きな変化は見られない状況ですね。

 

土佐清水病院での食事はたぶん無添加の食材だったでしょうし、空気もかなり綺麗だったと思うので、活性酸素の発生する違いでこういう結果なのでしょう。

 

それと、今日はオートミールを取り入れてみました。

 

丹羽先生は主食は白米の方がいいとおっしゃっています。

玄米のぬかには油があり、腸の弱いアトピー患者では消化しきれずに悪化してしまうそうなのです。

 

では、オートミールはどうなのか?。

 

オートミールは食物繊維が玄米の9倍、低GI(食後の血糖値の上昇を示す値)と、ボディービルダーなどもカロリー低いのにお腹も膨れるのでいいと愛用している人もいます。

 

それを取り入れるとアトピーはどうなるかも試してみたいと思い、2週間ほど体の変化をみてみます。

 

日々の体の変化に現れると思うので、画像を毎日見ていただければと思います。

 

それでは、8日目の食生活と皮膚の調子をどうぞ!

8日目の食生活

・朝ごはん

サラダ(たまご、キャベツ、ブロッコリー)

 

・昼ごはん

サラダ(水菜、キャベツ、トマト)

 

・夜ごはん

絹豆腐

オートミール(甘酒、バナナ)

8日目の皮膚

土佐清水病院での入院生活

入院の続きを話します。

前回の話はこちらから。

 

朝起きて何をするかと言うと、包帯や手袋をしたまま寝ていますので、1回お風呂に入り、包帯をとり、体を洗います。

 

この時にやっかいなのが、最初は肌が荒れている状態だったのでBmg(ビーマグニー)という灰色の薬とイクタモールという茶色の薬を塗りたぐられました!

 

 

これら2つが皮膚を治してくれるのはありがたいのですが、お風呂を入ってもベットリと付着して取れないのと、臭いが凄まじいことです。

 

聞いた話だと、土佐清水の飲食店でアトピーの入院患者が飲食店に入ると、この薬の臭いがすごいらしく、他のお客様に迷惑がかかるので出入りを禁止しているお店もあると聞きました。

 

酷い話ですがお店の売り上げもあるでしょうし、あの臭いだと仕方ないとも思います。

食事は高いがおいしい!そしてマグニーサンドバス石風呂へ

お風呂が終わると次は朝食をとります。

 

朝食は台車にお膳が乗ったまま運ばれてきて、その上にご飯が置かれている状態で届きます。

 

そのご飯ですが、自然のものを使っているからかかなり美味しいのです!

 

味付けを薄味に設定しているはずなのですが、パクパク食べられます。

 

ただ、値段が1食2000円程してかなり高いのです。

なので、味わって食べた方がいいですね!

 

ご飯を食べ終わると体の体温を計り、マグニーサンドバスという丹羽先生開発の遠赤外線効果のある石風呂に入ります!

 

これは弱まった皮膚のバリアや保湿力を高める力があります。

最初は7、8分を2セット。

それから徐々に上げていって、15分を2セット行います。

 

僕もサウナには行きますが、横たわった状態で熱々の石を上から被せられるので、大量の汗と息苦しさで本当にキツかったです。

 

ですが、終わったあとかなりスッキリしますので、個人的にかなり好きでしたよ。

 

あとマグニーサンドバスは市販でも売っていて、自宅のお風呂に入れて使うことができます。

 

最初の値段は高いですが、使ったものを天日干しにすれば半永久的に使えるのでオススメですよ。

 


 

続きはまた今度書きます。

 

明日もがんばりますので、よろしくおねがいします!

プロフィール

松井 良太
松井 良太

1992年生まれ。沖縄県出身。 アトピー治療実録や、筋トレ、ダイエットについて書いていきます。 ドラムをやっているので、そのあたりのことも!

ライターの最新記事

最新記事

タグ一覧