ENJOY YOUR LIFE!!
人生を楽しもう!

渋谷教育学園幕張はなぜ飛躍したか?東大合格者数と偏差値はどれぐらい?

千葉県の京葉線沿いに、海浜幕張駅があります。

 

この駅近くには、多くの学校が集っており、中でも渋幕こと渋谷教育学園幕張中学・高校が最も有名です。

 

渋幕といえばこの十数年で急激に進学実績を伸ばした学校の1つ。

 

千葉県内の東大合格者数は、県立千葉高校を抜いて首位に立っています。

 

近年は全国ランキングの上位にも位置するようになりました。

 

開校から30年でこの実績は、驚異的でしょう。

 

いったい、なぜここまで飛躍したのか?

 

以下、まとめてみます。

千葉・東葛飾・船橋という公立御三家のなかで

現在、千葉県には多くの有名私立校が集っています。

 

しかしかつては、公立校優位の風潮がありました。

 

これはどこの県でもそうですね。

 

そのため県立千葉を頂点とする公立校の力と権威は圧倒的で、東大など難関大学進学率を独占していました。

 

そんな中、1983年渋谷教育学園幕張高校が開校します。

 

当初は「私立校が開校しただけ」、という感じだったのでしょう。

 

ですが、90年代後半から頭角を現し始めます

麻布や灘も抜く?渋幕の東大合格者数推移

90年代後半から、渋幕は東大合格者数を少しずつ増やしていきました。

 

2000年代に入ると、あれよあれよと上昇し、2002年にはついに県立千葉を抜いて千葉県首位に立ちます。

 

ちなみに2000年の渋幕の東大合格者数は13名でした。

 

5年後の2005年38名です。

 

さらに5年後の2010年35名

 

2015年には56名

 

そして2017年78名と、ついに灘に次ぎ、麻布高校と同順位を占めるようになりました。

 

(参考 https://mainichi.jp/graphs/20170607/hpj/00m/040/001000g/1

 

興味深いのは、他の上位校が歴史ある伝統校に対して、渋幕は開校30年ちょっとの新参校です。

 

この上昇率が来年も続けば、麻布や灘を近いうちに抜く可能性は十分考えられます。

 

そして興味深いのは、共学校としてもトップ東大合格者数を出したている点です

 

ちなみに渋幕中学校の偏差値は、

男子69

女子72

となっています。

 

なぜここまで飛躍したのか?

以上のような実績により各方面から注目をあびる渋幕ですが、系列校である渋渋こと渋谷教育学園渋谷も負けていません。

 

渋渋はその名の通り、渋谷のど真ん中にあります。

 

広い敷地を持つ渋幕と比べるとやや狭苦しい雰囲気がありますが、

進学実績はやはり上昇傾向にあり、東京の私立校の中でも最難関校のひとつです。

 

大きな違いは、渋幕が高校募集を取るのに対し、渋渋は敷地的な面からか中学募集のみです。

 

偏差値は、

男子63

女子68

となっています。

 

ですが校長は両校とも同じで、田村哲夫氏が指揮をとっています。

 

田村氏は渋幕の開校以来、現在に至るまで校長と渋谷教育学園の理事長を務めています。

 

麻布高校出身で様々な機関に属する田村氏は、

自調自考(自分で調べて自分で考える)」をモットーにした学校作りを目指しました。

 

その結晶とも言うべきなのが、現在の渋谷教育学園であると言います。

 

その内幕を明かした著書が出ています。

 

渋幕や渋渋を受験予定のご家庭だけでなく、教育・学校について考えるキッカケとなる良書です。

 

そんな田村氏の手腕があったからこそここまでの成長を遂げた、というのは言うまでもありません。

 

ですが、それ以外の要因に、「時代性が重なった」というのがあります。

 

2000年代に入り大飛躍した時期、それは「ゆとり教育」が開始した時期です。

 

もちろんこれは渋谷教育学園に限った話ではなく、私立校全体に言えることですが、

 

渋幕の場合グローバル教育の重視を早い時期からやっていた、というのも大きいでしょう。

県立千葉高校附属中学の開設のわけ

千葉県の教育界は、まさか渋幕がここまで化けるとは思ってもいなかったでしょう。

 

東大合格者数が渋幕に抜かれたあと、2007年に県立千葉高校は附属中学を開設します。

 

誰がどうみても奪還を目指すようなタイミングでの開設からか、周囲からは「渋幕を倒すつもりなのか」という声が聞こえたといいます。

 

内情は公表されていないので藪の中ですが、多少は意識した結果だと思われます。

 

いずれにせよ「ゆとり教育」導入の結果、いち私立校がトップ進学校化し、

頂点にあった学校がテコ入れ的に公立中高一貫校化する、というのは皮肉なものです。

開成よりも渋幕?

今や全国から受験生が集い、合格すると遠方から通う生徒も少なくないです。

 

また千葉や東京の東側に住んでいるご家庭が、開成渋幕の二つに受かった場合、

渋幕の方を選ぶ」という層も増えているとか。

 

これは親の意向というよりは、子供が志望していることが多いのでしょう。

 

息子は今でも「渋幕を受けたかった」と言ったりしますし、塾にもそんな生徒が多かったといいます。

 

いずれにせよ、かつてみたいに「この学校しか無い」と視野を狭くするのではなく、選択肢が増えたという点では、良い傾向ですね。

 

以上、『渋谷教育学園幕張はなぜ飛躍したか?東大合格者数と偏差値はどれぐらい?』でした。

 

354渋谷教育学園幕張中学校 2019年度用 4年間スーパー過去問 (声教の中学過去問シリーズ)

103渋谷教育学園渋谷中学校 2019年度用 3年間スーパー過去問 (声教の中学過去問シリーズ)

 

関連記事

筑波大学附属駒場とは何か?どこがスゴいのか?東大合格者数と偏差値

開成、灘、筑駒、麻布…難関校って、一体なんだ?〜時代と共に変わる評価と偏差値

プロフィール


Notice: get_the_author_ID の使用はバージョン 2.8.0 から非推奨になっています ! 代わりに get_the_author_meta('ID') を使ってください。 in /home/koyobunko/jinseienjoy.net/public_html/wp/wp-includes/functions.php on line 4440
masa
masa

ライターの最新記事

最新記事

タグ一覧