ENJOY YOUR LIFE!!
人生を楽しもう!

カッコいいのにカジュアル!ドクターマーチンの人気種類とメンズ・レディースコーデ

カジュアルな革靴派の人にとって愛すべき存在といえば、ドクターマーチン(Dr.Martens)です。

 

誕生から半世紀以上経った今でも、世界中で愛されているマーチン。

 

街を歩けば、黄色いスティッチとエアクッションのソールに目をひかれること、よくありますよね。

 

本記事では、そんなドクターマーチンの魅力とコーデをご紹介します!

実はドイツ発祥!マーチン博士が開発した健康革靴

ざっと、ドクターマーチンの歴史をおさらいします。

 

ドクターマーチンは、第2次大戦時ドイツ軍の医師であったマーチン博士が、登山でケガをしたことからはじまります。

 

軍から支給されていたブーツの履き心地が悪い」ことに気づいた博士は、なんと自分自身でブーツを生み出します。

 

それを友人と商品化して、今にいたるまでの商品ルートができあがりました。

 

イギリスのイメージが強いドクターマーチンですが、実はドイツ発祥なんです。

 

1960年代になると、そのイギリスで人気が爆発します。

 

警察官や郵便屋さんといった、足を駆使する人のポストマンシューズとして大いに愛用されたのです。

 

そして70年代、パンクロッカーたちがこぞって履いたことにより、一気にポップカルチャーのファッションアイテムとなりました。

ドクターマーチンの代表モデル「1460」と「1461

代表モデルである「1460」と「1461」を見ていきましょう。

 

まずは「1460」。

 

紐穴が8つあるから、通称「8ホール」と呼ばれます。

 

このブーツは1番はじめに製造されたブーツです。

ブーツといえどもムレにくく、夏以外の春・秋・冬と3シーズン履き込むことができるます。

 

カラーはホワイト、ブラック、チェリーレッド、ネイビー、グリーンの5色が用意されています。

 

他にも、期間限定カラーが多く出ていますね。

 

さすが、最初のモデルだけあって、数がそろっています。

 

次に「1461」。

 

 

ここまでカジュアル・ポップ、なのに品のある革靴、他に知りませんよ!

 

カラーは、ブラックか、チェリーレッドに近いオックスブラッドの2色あります。

 

ですがスティッチが黒だったり、もしくは無かったりするのもあり、ビジネスやドレスの場面でも使えるアイテムです。

 

そしてなにより、近年は「1460」の8ホールより、この「1461」の方が人気なんです!

 

8ホールと違って、いちいち紐をむすぶことも少ないし、ぱっと履きやすいのがその理由です。

 

また、8ホールよりもコーデがしやすいというのもありますね。

 

ちなみに、「1460」や「1461」といったモデル番号ですが、これはその発売日に由来します。

 

1960年4月1日発売だから「1460」。

 

おなじく1961年4月1日発売だから「1461」なわけです。

ドクターマーチン・レディースコーデ

それではドクターマーチンを履いた、オシャレなコーデを見ていきましょう。

 

出典・https://wear.jp/baby3baby/12674944/

 

カラッとした、春夏に似合うファッションですね。

 

黒のキャップ、カバン、そして3ホールのマーチンがとっても合っています!

 

モデルの女性は154cmとのことですが、マーチンのソールは厚いので、3センチぐらいは高く見えます。

 

次はポップなコーデの女性。

 

出典・https://wear.jp/whiteq10/12856216/

 

マーチンは8ホールか10ホールのチェリーレッドで、良いアクセントになっています。

こんな感じに、スリーブやスカートだと生足が出るわけですが、その分、マーチンが目立って良い感じになります。

 

学生の女性には、ぜひ参考にして欲しいコーデです。

 

ドクターマーチン・メンズコーデ

次に男性を見てみます。

 

出典・https://wear.jp/kousuke5414/12855077/

 

3ホールとトラッド系のズボンがシックで良いですね。

 

この方は、黄色いスティッチではなく、黒あるいはスティッチなしの1461を履いています。

 

お次はチェリーレッドのマーチンを履いた方。

 

出典・https://wear.jp/taiga0903/12760517/

 

全体的にブラックが多いのですが、やはりチェリーレッドはアクセントになり、目をひきます。

 

上着にストライプシャツ、下はワイドパンツとのことですが、さっぱりとした自然な印象を与えてくれますね。

まとめ・マーチンは使えば使うほど、愛着が出てくる

以上、ドクターマーチン(「1460」「1461」)とそのコーデの紹介でした。

 

マーチンをひと言で表すと、「すごいワクワクする!」です。

 

履くのももちろん、眺めていても、つい笑みがこぼれてしまうシューズなんですね。

 

ぜひ、みなさんもゲットして、自分にしか出せない個性を発揮してください!

 

関連記事

2~3万円で買える人気ポストマンシューズ5選!その価格帯と履き心地とは?

新大学生・専門学生必見!最低限押さえておきたいオススメのメンズファッションアイテムとコーデ

高校生や大学生にオススメのセレクトショップ3選!

プロフィール

ライターの最新記事

最新記事

タグ一覧